HOME

私たちの研究室では新規多能性幹細胞 Muse細胞 を軸とした再生医学研究を展開しております。 Muse細胞は成人から得られる腫瘍性の無い多能性幹細胞で幅広い組織修復能を持っており、様々な疾患への応用が期待されております。
さらに他の幹細胞には見られない様々な特性を持つ事が分かって来ておりますので、基礎的解析にも取り組んでおります。

Muse細胞に関する情報はProtocolをご覧ください

Muse細胞を用いた世界初の治験が開始されることになりました

このたび、急性心筋梗塞を対象疾患として、Muse細胞製剤の探索的臨床試験が開始されることとなりました。

日本経済新聞  プレスリリース
ウェブサイト

<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社生命科学インスティテュート 総務・法務部 広報担当  TEL:03-6896-8743
株式会社三菱ケミカルホールディングス 広報・IR室  TEL:03-6748-7140

サンバイオ株式会社の事業との関連につきまして

サンバイオ株式会社の事業と出澤真理及び当教室が推進しているMuse細胞研究とを誤認されたと思われる複数のお問合せをいただいておりますが、出澤真理は、2010年4月に、創業科学者として関与していた現在サンバイオ株式会社の子会社であるSanBio,Inc.の顧問を辞任して以来、サンバイオ株式会社及びSanBio,Inc.との一切の関係を解消しております。従って、それ以降、出澤真理及び当教室は、同社のSB623を含めた開発等の事業には一切の関与をしておらず、同社の事業及び製品等について責任を負う立場にありません。
また、Muse細胞とサンバイオ株式会社及びSanBio,Inc.が開発している細胞は、全く別のものであり一切何の関係もございません。なお、Muse細胞に関する事業開発は、株式会社生命科学インスティテュートが実施しております。

新着情報

2018年4月5日に米国ワシントンDCメイフラワーホテルにて
NAIフェロー授賞式が行われました

授賞式の様子

■NAIフェローとは、世の中におけるライフクオリティや経済発展、社会福祉に顕著な影響を及ぼし、卓越した発明を創造し革新の精神を証明した優れた学術研究者にのみ与えられる最高のプロフェッショナルな栄誉である。

ページの上部へ